YOUTUBE

DTM宅録、ミックス、マスタリング、プロ級に仕上げる!!【FEST VAINQUEUR / 現代的疑惑都市’DOUBT’!】SUPERIOR DRUMMER / BIAS FX

自宅などの小規模な環境でもプロ級の作品を目指します!

 

今回はFEST VAINQUEURさんの現代的疑惑都市’DOUBT’!をカバーしてみました。

Keyは-3。

本記事では主に使用した

●ドラム音源

●ギター&ベース

●アンプシミュレーター

●マイク

●その他機材類

●プラグインエフェクト

ミックス / マスタリングのプロセス動画

を書いています。

 

最後にマルチデータをアップしておきます。

適当に遊んでみてくださいな。

 

【DAW機材のセットアップはこちら】

DAW機材の紹介 2019年4月現在 仕事やカバー動画を作る上で使用している機材を紹介します。 部屋のサイズ ごく普通の一軒家の6畳ほどの部屋です。 ...

 

【俺式カバー曲の作り方の手順はこちら】

カバー曲の作り方!宅録の手順を解説! 今回は宅録をする際の手順や方法などを書いていきたいと思います。 あくまでも僕のやり方ですが、初心者さんのお役に立てばと思い...

プロジェクトファイル

・サンプルレート 48kHz

・ビットデプス     24bit

ドラム音源

Superior drummer 2.0

今回はSuperior Drummer 2.0のAVATAR KITを中心に作ってみました。

AVATAR KIT(Superior drummer2.0 デフォルトKIT)

●キック【14×24 GMS】

キックのベロシティーコントロールの設定は【100】

カチカチになるのが嫌なのでMAXでは鳴らしません。

●スネア【6.5×14 GMS Nir-Z Custom】

スネアのベロシティーコントロールの設定は【109】

その他のベロシティーコントロールの設定は【127】のMAX

●ラックタム1【10×12 GMS Clear Heads】

●ラックタム2【14×14 GMS Clear Heads】

●フロアタム1【16×16 GMS Coated Heads】

●ハイハット【14 Sabian HHX Manhattan Jazz】

●チャイナシンバル1【20 Sabian AAX Chinese

●クラッシュシンバル2【18 Sabian Handhammered Fierce Crash

●クラッシュシンバル5【18 Sabian HHX Evolution Crash

●ライドシンバル3【21 Sabian Handhammered Vintage Ride

Drums 2mix


※ミックス、マスタリング処理後

ギタートラック

Schecter diamond series damien 7

【ピックアップ】

・Front EMG85

・Rear  EMG81

BIAS FX

アンプシミュレーターです。

お手軽にアンプに近いサウンドを出してくれるのがお気に入り。

もしBIAS FXを持っていたら、クラウドにプリセットをアップしてあるんで興味があったら使ってみて下さい。

検索で「FEST Backing」で出てきます。

 

GTR 2mix

※ミックス、マスタリング処理後

ベーストラック

Spector Q5 NS2000

【ピックアップ】

・Front EMG HZ™

・Rear  EMG HZ™

SANS AMP BASS DRIVER DI

ど定番のSANS AMP。

ベースの音作りがイメージしてる方向に持っていきやすいので使ってます。

 

そろそろベースの機材もこだわりたいですね〜

金がww

BASS 2mix

※ミックス、マスタリング処理後



シールド

Planet Waves Custom Series Instrument Cable

ギター&ベース共にこちら使用。

楽器にはPlanet Wavesのケーブルを使うことが多いです。

シンセトラック

Native Instruments -MASSIVE-

●PAD1 プリセット【FULL LOADING】

ボーカルトラック

NEUMANN  TLM102 NICKEL

NEVEなどの高価なプリアンプは所持していないので、インターフェースのプリアンプ直結で繋いでいます。

 

録音したメロディラインは

●メイン

●3度上のハモリ

●3度下のハモリ

●オクターブ上のファルセット

AUTO TUNE 8

業界標準のピッチ修正ソフトです。

もちろんバリバリ修正します。

どんなに歌が上手いプロでも普通に使います。

綺麗に気持ちよく聞かせるには必要な作業です。

VO 2mix

※修正、ミックス、マスタリング処理後



ミックス、マスタリングのプロセス動画

この動画では僕がトラックを触っていく手順でプラグインをオン/オフしていきます。

サードパーティー製のプラグインを多く入れているので、使用したものをメーカーごとに紹介していきます。

PROTOOLSをメインに作業してますが

【CUBASE /STUDIO ONE / LOGIC / etc…】

どれも大差ありません。

操作の違いくらいです。

※Youtube上でご覧頂くと、概要欄にパートごとにロケーションを記載してるので見やすいと思います。

MsDSP

●Analogchannel 202【EQ&テープサチュレーション】

●Analogchannel 101【コンプ】

Slate Digital

●VMR FG-N【EQ】

●VMR VIRTUAL CHANNEL【コンソールエミュレーション】

●VMR FG-S【EQ】

●VMR FG-116【コンプ】

UAD-2

●CAMBRIDGE EQ【EQ】

●1176LN【コンプ】

●1176 Rev A【コンプ】

●SSL Stereo bus compressor【コンプ】

●SONNOX INFLATOR【リミッター】

AVID

●Smack!!【コンプ】

●SANS AMP PSA-1【ハーモニック】

Native Instruments

●TRANSIENT MASTER【トランジェント】

WAVES

●PUIG TEC MEQ-5【EQ】

●SSL E-Channel【チャンネルストリップ】

●NLS CHANNEL【コンソールエミュレーション】

●CLA-76【コンプ】

●H-Delay【ディレイ】

●C4【マルチバンドコンプレッサー】

●L1 Limiter【リミッター】

●Renaissance DeEsser【ディエッサー】

●Doubler【モジュレーション】

Renaissance Reberv【リバーブ】

izotope

●Ozon7【マキシマイザー / マスタリングプロセッサー】

各種ファイルの配布

MIDI & LINE

ドラムのMIDIファイルとギターライン。

音源を変えたりして遊ぶ用です。

RAW FILES

録り音そのままの無加工な音です。

PROCESSED FILES

加工されたステムファイルです。

 FEST VAINQUEUR / 現代的疑惑都市’DOUBT’!【cover】MASTER

Youtubeにアップした動画の原音です。

カバー曲のマスター。

最後に

マルチファイルから引き抜いたFX系の音など他、

使えそうであれば自由に使ってくださいな。

 

↑ファイルはこちら

 

良ければYoutubeでチャンネル登録と高評価お願い致します🎶

 

読者様の意見も参考にしたいので、ブログに関して書いて欲しい記事などあればメッセージ頂けると嬉しいです🎶

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です